創業記念の挨拶について

創立記念日の祝辞について

式典での来賓からの挨拶の文例について

☆式典での来賓からの挨拶の文例

ポイント:お祝い→招待へのお礼→節目にあたっての感慨→さらなる発展を祈る言葉と展開させるのが祝辞の基本です。

創業10周年、まことにありがとうございます。また、このような盛大なお祝いの席にお招きいただき、ありがとうございました。

本日、この喜びの節目を迎えられましたことは、社長をはじめ、社員の皆様の粉骨砕身のご努力のたまものと、心よりお喜び申し上げます。

御社とは、創業以来のお取引をさせていただいており、これまでの事業の展開と発展はつぶさに知っております。いつも感心いたしますのは、社長の方々の技術力です。その完璧なチームワークが、御社の発展を支えてきたのでしょう。

社長も社員の方々も皆、若いこと。それが御社の最大のエネルギーです。今後もその力をフルに発揮して、ますます社業を発展させ、20年、30年のお祝いの日も、ともに迎えられますことをお祈りしております。

☆式典での来賓からの挨拶の文例

ポイント:業界の先輩としての立場での祝辞では、「節目にあたって気持ちを引き締めよ」という内容を述べるのもいいでしょう。

このたびは、御社創立30周年を迎えられ、心よりお祝いを申し上げます。また、晴れの記念式典にお招きいただき、たいへん光栄に存じております。

わたしは、創業時から御社とおつきあいをさせていただいておりますが、当時とは比べ物にならないほど、事業規模も人員も大きく拡大しました。ただいまの社長のごあいさつでは、さらに多角経営に乗り出すとのことで、御社はますますご隆盛を遂げることでしょう。

しかし、ここで取引先としてひとつだけお願いを申し上げておきます。それは「顔の見える会社」でいてほしいということです。業界内での年数だけは重ねている私ですが、これまで事業を拡大したことで人間味の薄れた会社を、たくさん見てまいりました。

御社には、いつまでも人間の情感あふれる会社でいてほしいと願っております。本日はまことにおめでとうございます。

「スピーチあいさつ実例大事典」より

達磨の紹介について

お祝いダルマの紹介

会社創立記念のお祝い品

社長就任祝いのプレゼント

退任祝いの贈り物

営業所開設○周年のお祝い品

創立記念日の贈り物

創立記念の祝賀会

商売ダルマの紹介

創立記念日のプレゼント

創業記念のプレゼント

会社創業記念の贈り物

設立記念日の贈り物

周年記念のお祝い品

周年記念のプレゼント